賛同人紹介

全国から寄せられた賛同人のメッセージ
全国から寄せられた賛同人のメッセージ

氏名/所属

赤松範夫(弁護士) /赤松竜(全国空襲被害者連絡協議会・会員) /浅石紘爾(弁護士・核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団代表) /浅川肇(市民連合奈良共同代表・歌人)/足立修一(弁護士) /天野恵一(パンフレット・エディター) /安渓遊地(山口県立大学名誉教授)/飯田哲也(エネルギー研究者)/生田あい(「コモンズ」編集長)/池住義憲(NGO役員)/池田直樹(弁護士)/石川一郎(社会福祉法人理事長)/一瀬敬一郎(弁護士)/市原ひろ子(元狛江市会議員)/市原登志男/伊藤公雄/いとう正敏(元参院議員)/乾喜美子(経産省前てんとひろば) /稲正樹(元国際基督教大学教授)/井上績(大阪中小企業団体連合会)/井上理恵(演劇研究者)/指宿昭一(弁護士)/今村路加(NPO法人理事長・元都議会/議員)/今村直(キリスト者政治連盟前書記長)/色平哲郎(佐久総合病院医師)/岩髙澄(日本基督教団牧師無任所)/岩村義雄(神戸国際キリスト教会牧師)/岩本慎三郎/上原康夫上原康夫法律事務所/内海洋一(元自由党和歌山県連代表) /海勢頭豊(音楽家) /遠藤直子(「憲法」を愛する女性ネット)/大内裕和(中京大学教養教育研究院教授) /大賀正行((社)部落解放・人権研究所名誉理事) /太田安由美(高松市議会議員)/大塚弘一郎/大類善啓(方正友好交流の会理事長)/大湾宗則(米軍Xバンドレーダー基地反対京都近畿連絡会代表世話人)/奥村貴夫(見張り番・八尾代表、自治体非正規労組・特執)/尾澤邦子(韓国サンケン労組を支援する会)/落合恵子(作家) /加来洋八郎(プラットホーム奈良代表) /梶川美佐男(社会民主党兵庫県連合代表)/柏木宏(法政大学大学院教授)/片岡卓三(医師)/金澤寿(前全労協議長)/冠木克彦(弁護士)/鎌田篤則(社会運動家) /川口正志奈良県議会議員/川村晃生(慶應義塾大学名誉教授)/神田香織(講談師)/菊池一隆(愛知学院大学客員教授・歴史学者)/北田万寿夫(反戦タイガース兵庫代表)/北場逸人/北村小夜(障害児を普通学校へ全国連絡会世話人)/北村栄(弁護士) /木戸衛一(大阪大学教授)/木下達雄(浄土宗大林寺前住職)/木村朗(鹿児島大学名誉教授) /木村雅英(反原発市民運動) /木村結(活動家) /金将済(日本キリスト教協議会総幹事)/久保清隆/久保山教善(僧侶) /熊沢誠(甲南大学名誉教授)/黒川征一(元徳島県三好市長)/結柴誠一(杉並区議会議員)/小出裕章(元京都大学原子炉実験所助教)/高口ようこ(練馬区議会議員)/小竹広子(弁護士) /児玉晃一(弁護士) /後藤聡(日本基督教団牧師)/小西誠(軍事ジャーナリスト)/小林久公(過去と現在を考えるネットワーク北海道)/小山帥人(ジャーナリスト)/斎藤孝一(全日本農民組合連合会会長)/斎藤正明(東京杉並区自営業) /在間秀和(弁護士)/坂口善雄(元吹田市長・NPO吹田まちづくり研究所代表) /坂本洋子(フリージャーナリスト)/佐久間慶子/佐々木希絵(大阪府河南町議会議員)/佐々木利夫(司法書士) /斎藤日出治(大阪労働学校アソシエ学長)/嶋﨑英治(三鷹市議会議員)/島袋善弘(山梨県立大学名誉教授)/清水建夫(弁護士)/下道直紀(元大田昌秀秘書)/白川真澄(ピープルズ・プラン研究所) /新開 純也(反戦・反貧困・反差別共同行動in京都)/新谷のり子(歌手)/菅井益郎(国学院大学名誉教授)/杉本茂樹/鈴井孝雄(静岡県平和・国民運動センター事務局長)/鈴木俊夫(東北大学名誉教授) /鈴木裕子(女性史研究家) /瀬尾英幸(北海道)/瀬戸宏(摂南大学名誉教授)/曽我千代子(元京都府木津川市議会議員) /平良愛香(平和を実現するキリスト者ネット事務局代表) /高梨晃嘉(共同行動のためのかながわアクション代表) /高野寛/高橋ひでのり(神戸市議会議員) /田代尚子(官製ワーキングプア研究会会員) /田中公明(社会福祉法人共働学舎常務理事)/田中伸尚/田中宏(一橋大学名誉教授)/谷口源太郎(スポーツジャーナリスト) /檀上正光(社会民主党広島県連合代表・尾道市議会議員)/知花昌一(僧侶) /趙博(芸人)/土松克典(本郷文化フォーラムワーカーズスクール HOWS)/常松裕志(元衆院議員)/寺尾光身(名古屋工業大学名誉教授)/寺田道男(反戦・反貧困・反差別共同行動in京都事務局長)/富山洋子(「浦安の未来を考える会」共同代表)/豊田直巳(フォトジャーナリスト)/鳥越俊太郎(ニュースの職人) /永井栄俊「日の丸君が代」強制反対全国ネットワーク) /永井俊作(憲法を生かす会あかし代表)/中岡基明 (全労協事務局長)/仲尾宏(京都芸術大学客員教授)/中川智子/中川美由紀/長澤真史(真宗高田派唯称寺住職)/中嶌哲演(真言宗御室派明通寺住職)/中野晃一(上智大学教授)/中原道子(早稲田大学名誉教授)/鍋島浩一(「共生・連帯」近畿)/難波希美子(能勢町議員)/西尾正道(国立病院機構北海道がんセンター名誉院長)/西沢清(日教組元副委員長) /西谷文和(戦場ジャーナリスト)/西浜楢和(辺野古に基地を絶対につくらせない大阪行動)/西村秀樹(元近畿大学人権問題研究所教員)/二瓶久勝(元国鉄闘争共闘会議議長)/丹羽雅雄(弁護士)/根津公子(元教員)/花輪伸一(沖縄意見広告運動世話人)/原秀介(9条改憲阻止の会) /坂内宗男(キリスト者政治連盟委員長)/久野成章(環境社会主義研究会事務局長)/菱木政晴(宗教学者) /日森文尋(朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会議長)/平川宗信(名古屋大学名誉教授)/平田賢一(朝鮮文化研究会代表)/平野敏夫/福島尚文(OB記者)/福士敬子(元都議会議員)/福田玲三(国労OB)/福永正明(大学教員)/福本道夫(米軍基地公害被害者団体・役員) /藤代政夫(元千葉県議会議員)/藤永壯(大阪産業大学教授)/藤原寿和(元自治体職員) /布施由女(東京清瀬市議会議員) /二木啓孝(ジャーナリスト)/古川美佳(朝鮮美術文化研究)/星川洋史(関西新時代社) /前田純一(非戦の市民講座堺)/前田裕司(弁護士) /増田薫(松戸市議会議員) /増田京子(大阪府箕面市議)/増山麗奈(映画監督)/町田忠昭/松代修平(村山首相談話を継承し発展させる会)/松原明(ビデオプレス代表) /馬奈木昭雄(弁護士)/三浦まり(上智大学教授)/水摩ゆきえ(東京葛飾区議会議員) /道下匡子(作家・翻訳家) /水戸喜世子(元教師)/嶺井正也(専修大学名誉教授)/宮里邦雄弁護士/武藤久(国労元委員長)/むとう有子(中野区議会議員)/元山仁士郎「辺野古」県民投票の会元代表/森岡秀幸(箕面市更生保護協会理事) /森一敏(金沢市議会議員)/森瀧春子(核兵器廃絶をめざすヒロシマの会共同代表)/森勉(元国労上野支部委員長)/森博行(弁護士)/森本孝子/(「平和憲法を守る荒川の会」代表)/薬師院仁志(帝塚山学院大学教授)/矢野宏(新聞うずみ火代表) /山内小夜子(僧侶)/山内敏弘(憲法研究者)/山内正紀(進歩と改革研究会事務局長)/山口研一郎(やまぐちクリニック院長) /山崎隆敏(元越前市議会議員)/山下けいき(茨木市議会議員) /山田篤(元鳥取県高教組委員長)/山元一英(共生連帯・近畿)/湯川れい子(音楽評論・作詞) /横井泰夫/吉留昭弘/乱鬼龍(川柳人)/和田千代子(ABC企画委員会)/渡邊学(全国一般労働組合東京南部書記長) /渡邊由紀子(希望のまち東京をつくる会事務局長) /和田孝雄(元大阪府高槻市議会議員)/井野博満(柏崎・刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会代表 東京大学名誉教授)/安里英子(詩人・ライター)/中西綾子(時を見つめる会)/鴇田昭裕(東京都家族介護者連盟)/齊木登茂子(カトリック正義と平和協議会)/加藤和浩(団体職員 教員)/小鍛治茂子(千住九条の会)/土屋トカチ(映像グループローポジション)/太田勝康(ピーエス)/中野和子(NPO法人碧いびわ湖)/水野哲也(ちば生活保護基準引下げ違憲訴訟・原告)/吉波伸治(奈良県生駒市議会議員)/瀬戸大作(反貧困ネットワーク)/池辺幸恵(平和のピアニスト)/鈴木啓介(会社員)/吉田明(かながわ一区市民連合事務局長)/塙輝隆(年金生活者)/中沢浩二/長崎由美子(社民党大阪府連代表)/黒石昌朗(9条改憲阻止共同行動)/小川たか子(ℐ女性会議大阪代表)/大野周子
大島淡紅子(兵庫県宝塚市会議員)/岡﨑彩子(新社会党兵庫県本部)/戸田恵久(新社会党兵庫県本部)/杉本裕好/森本忠紀/森川満(新社会党奈良県本部委員長)/榎本恭一郎/東山昭久(社会民主党和歌山県連代表)/八木正行/加藤弘吉(市民連合青梅代表)/紅林進(フリ-ライター)/竹内洋子(絵はがき紙芝居普及会)/松尾光章/澤田洋/三野村一恵/平田豊(社民党東京都連合常任幹事)/大野京子(ℐ女性会議なら)/奥野倫子(東京日野市議会議員)/森永雅世(ℐ女性会議なら)/中村昭司(社会民主党千葉県連合会幹事長)/栗城理一(作家)/對馬節子(無職)/上穂木理俊(鹿児島市)/上山貞茂(鹿児島県議会議員)/大迫拓郎(社民党鹿児島県連南薩総支部幹事長)/北畠清仁(鹿児島市)/新中建一(自営業、オールかごしま会員)/津江忠紙(鹿児島県姶良市)/道免明美(鹿児島市)/馬場徳男(鹿児島県日置市)/松永三重子(鹿児島市)/吉田愛知(退職大学教員 鹿児島市)                                   

(2022年5月8日現在 255人・50音順+追加)


賛同人から寄せられた期待・叱咤・提言

  • 民間人空襲被害者への国家補償を訴え続けて、100歳で国会前に座り込み、5年前に101歳で永眠された全国戦災傷害者連絡会会長の杉山千佐子さんの遺志を継いで、憲法9条が実践される日本社会・政治を願って、協力・協同いたしましょう!日本共産党との共闘も重点にいたしましょう!(赤松竜
  • 原点に立ち戻った運動を再構築して下さい。強い国家ではなく、強い市民社会を、良い市民社会を!今こそ人民の人民による人民のための政治を!アイヌ民族、在日、沖縄に配慮を!(浅石紘爾
  • このような動きが形になることを望みます。(足立修一
  • 「喫緊の課題は脱原発である」に強く共感します。(天野恵一
  • いのちの使い捨ての時代から新しい生き方へ向けて共に歩みましょう。(安渓遊地
  • 現がある情勢の中で急ぐ必要がある「共同テーブル」。私たちの世代にとって、最後の挑戦であり、次世代の青年達にこの取り組みがつながって行く様に、力を合わせ、創造力を持って取り組みましょう!(生田あい
  • 小異を互いにレスペクトし、政権交替へ向けて歩みを進めたいと思っています。Network for CHANGEですね。(池住義憲
  • 自民党政権を打ち倒すために民衆の連帯強化が必要です。共にたたかいましょう。(一瀬敬一郎
  • 新生社民党は名前も変え組織の活動のやり方ももっとひろげていくべきです。その意味で共同テーブルによる比例比例統一名簿、良いと思います。(市原ひろ子
  • 比例統一名簿による選挙にとりくむことしか展望はありません(市原登志男
  • 何か生命維持装置を求めているような感じですが老人にはピッタリかもしれません。(いとう正敏
  • みなさんと一緒にがんばりたいです。(井上績
  • 政権交代するために野党共闘を是非すすめたいです。本当に平和を実現できる政権を望みます。(乾喜美子
  • 「共同テーブル」の理念を具体化する取組を大きく発展させ、政治の転換を実現する事を望みます。がんばりましょう。(稲正樹
  • アメリカから自立、中国寄りにもならず、中立でありたい。文化・芸術を大事にする国、個の自由と尊厳をおかさぬ国。そんな国に生きたい。(井上理恵
  • 市民運動の力を集めて共同戦線を構築し、全国比例を共同名簿で闘うことは重大な意義があると思います。私としては、技能実習制度廃止と入管法改悪阻止を中心に闘っていきたいと思います。(指宿昭一
  • 社会的弱者に寄り添い、弱者の魂の救済に通じる政治が求められています。(今村路加
  • コロナ禍のもとでの市民の暮らしは激変、特に高齢者。障碍児・者、母子家庭の人々は悲鳴を上げている。政治は混迷、今こそ人間救済の政治が求められている。(今村直
  • いよいよ総選挙です「ゆっくり、ゆったり、でも着実にみんなの参加で社会を変えよう!」(色平哲郎
  • とに角利権にしがみついた今の政党の政治から国民・市民の政治へ転換させなければなりません。しかし今の野党勢力に期待できません。新しい力強い市民政党の誕生に期待します。何とか頑張ってください。高齢で協力もできませんが祈っています。(岩髙澄
  • フラワーデモ、コロナ入院患者、被災者など人権が無視される構造社会にあって、平等・平和・民主が実現されるお働きが具現化しますように。「共同テーブル」の上に御祝福がありますようにお祈りしています。(岩村義雄
  • 諸悪の根源は連合。非正規も原発も、腰抜け立憲も連合の解体なしに解決しない。連合誕生の責任の一端は社民党にもある。(岩本慎三郎
  • 社民党は基本方針を貫くこと。それが再生に導く。連合や他党と連携しつつも基本方針を貫くこと。地方は与野党相乗りばかり。これでは社民の支持はなくなる。(内海洋一
  • 平和憲法の下で、象徴天皇制を9条の上に置くことは許されません。護憲を叫ぶなら、象徴天皇制を自民党から奪い取り、古代史を明らかにした上で、竜宮神ジュゴン信仰を復活させて祀るべきです。(海勢頭豊
  • 地球環境問題(マルクスの晩年)、核廃絶平和共存(ゴルバチョフ)、反原発反差別、人権、マイナリティ、人間主義(水平社宣言)野党共闘を邪魔しないよう注意しながら広く無党派層の結集を望みます。コロナ蔓延のもと事務作業に感謝します。つれあいの大賀善子も賛同です。(大賀正行
  • 議論こそ政治のあるべき姿。筋書通りのご都合主義の政治は国も地方ももうたくさんです。今こそ転換の時。共に頑張りましょう。(太田安由美
  • コロナが収まらない中、東京オリンピックを強行した菅政権に怒り心頭です。抗議の声を上げて行かなくてはなりません。(大塚弘一郎
  • 声を挙げなければいけないと思っていたところに、このような動きが出てきたことにたいへん喜んでおります。ぜひ、力を合わせて世界を変えていきましょう。(大類善啓
  • 社会民主党は当面の活動方針案で「社民党は総ての労働者のための政党であるが、特に非正規労働者と共に頑張る政党になろう。労組に組織されていない8割以上の労働者のために働く政党、4割の非正規労働者のための政党でありたい」と提起している。言行一致を後押しするために共同テーブルに賛同したい。(大湾宗則
  • ひどい時代になったものです。税のムダ使い、差別の横行等に本気で闘う政党がないのが残念です。(奥村貴夫
  • ウソや「そんたく」のまかり通る政治には、もううんざりです。やめさせなければなりません。差別を許さない、また労働運動や日韓連帯運動への弾圧を許さない政治に期待します。(尾澤邦子
  • 「いま」です。「いま」しかありません。(落合恵子
  • おさそいありがとうございます。今後の活動に期待しています。なお選挙の候補の統一(一本化)も必要でしょうが、それは政党レベルの話となります。選挙制度の改正を通して有権者が統一をうながす方法も考えるべきだと思います。(柏木 宏
  • こうした戦線が大きく広がることを期待しています。(金澤寿
  • 非正規があたり前になった結果無権利があたり前になり、人々の積極的な意識や活動をつぶしていると考えています。これを根本からかえる運動が必要と考えます。(冠木克彦
  • 私は全国都道府県議会議員の最年長の87歳です。悲惨な戦争を知る人間としての使命に向かって生涯を全うしたいです。皆様の御尽力に敬意を表します。(川口正志
  • 戦後最悪の政権のもとで、国民の困難は増すばかりです。政権交代を実現させるための努力を諦めずに続けましょう。(川村晃生
  • 「共同テーブル」の理念、心から賛同致します。このままの政権では生きていくのが容易ではない。いのちの安全保障確立に向けてがんばりましょう。(神田香織
  • 「れいわ新選組」さんも「共同テーブル」に参加すべしと思いますが、各々の政党や市民団体の主体性を尊重しつつまとまるのは困難な高いハードルです。各々の実力を正しく「わきまえて」、大同団結しなければ、各々がじり貧で消滅するのみとの危機感を共有しないと、と言いたい。(北田万寿夫
  • すでに耄碌が進み、名前のみの参加でご迷惑かけることでしょうが賛同します。(北村小夜
  • 共同に一人一人が力を合わせることはとても大事と思います。(北村栄
  • 過去のさまざまな社会運動で社会党系と共産党系が対立・反目した負の遺産の克服にもぜひ取り組んでください。(木戸衛一
  • いまこそ新しい政治勢力の結集が求められています。新生社民党に期待しています!(木村朗
  • 8.15戦後76年の日本は多くの点でとても恥ずかしい国になってしまいました。一人一人の命を大切にする国にできるだけ戻して若い世代に受け渡したい。(木村雅英
  • 原発事故、コロナ対策を見ていると、女性の地位が高い国が素晴らしい政策を実現しています。決定権のある地位の半数を女性に。黙らされている押さえつけられている女性たちが力を発揮できる市民活動にしましょう。(木村結
  • キリスト教精神に立ちつつ、憲法9条をはじめとする立憲民主主義と東北アジアの和解と平和のために連帯の輪を求めます。(金将済
  • 反原発で頑張る姿勢を評価します。(久保清隆
  • 新谷のり子さんの旧来の友人。彼女に紹介され、晩年付き合った石橋政嗣さんがよく来てくれた寺の前住職です。「発起人」すべてに〇、イヤ味が一人もいなくてホットしています。(久保山教善
  • 選挙活動に収斂しない労働運動と社会運動の再興に寄与したいですね。(熊沢誠
  • 反独占・反自公の戦線統一の構築をして下さい。来るべき衆議院選挙、参議院選挙で労働者代表の政府確立を願っています。(黒川征一
  • 共同テーブルの理念に賛同し、よどんだ政治に新しい流れを開く原動力になることを期待します。(結柴誠一
  • お誘いありがとうございました。「今だけ、カネだけ、自分だけ」の政治を倒したいと願います。自民・公明・維新の政治を倒すためには広範な連帯が不可欠と思います。(小出裕章
  • 自治体でも1/3が非正規職員です。いのち、くらしを守るために「非正規社会からの脱却宣言」に賛同致します。(高口ようこ
  • 死刑廃止もできないでしょうか。統一名簿で戦うのは良いと思います。(小竹広子
  • 政権交代したら、入管庁長官やります!やらせて下さい!(児玉晃一
  • 曲った時代に、くどくど、くどくど抗っていきたいものです。(後藤聡
  • 憲法9条擁護―対中国軍拡反対の共同戦線を創り出しましょう!(小西誠
  • 日本の過去清算を進め、アジアの平和をつくりだすことも「共同テーブル」の課題と考え、参加させていただきます。(小林久公
  • 無償奨学金の大幅増など若い人たちにアピールする政策を考えてください。(小山帥人
  • 政治不信はかつてないほど拡がっています。しかし都議選では過半数が棄権しています。現在の野党勢力にもNOをつきつけられたかも。市民に判るように大きな旗をたてて「共同テーブル」を作ることは新生社民党の大きな仕事です。賛同します。(斎藤孝一
  • このような動きを心待ちにしておりました。感謝いたします。(在間秀和
  • 父坂口善次郎は2年前亡くなりました。長男の私、善雄がお付き合いさせていただきなます。一つ要望があります。「革新勢力」という呼称は共産党に任せて、私も考えていますが、違った呼称を今こそ発案しないとと思います。(坂口善雄
  • 社民党は必要な政党です。立民に埋没しないよう違いをしっかり出して頂きたい。女性ががんばれる政党にしてください。(坂本洋子
  • お金の力と数で押し切り、嘘が通る政治をもうやめないと。本当に何とかしたいと思っています。コロナ禍のもとで問われたことを(今までの現実が鮮明になった!)そのままにしての「元の生活」つまりもっとひどい生活にストップをかけるのも、今回の選挙が大切と思います。(佐久間慶子
  • ネオリベ資本主義の短期的視野狭窄が若者の未来を奪っています。生活の安全保障を求める闘いは急務です。(斎藤日出治
  • ①集会には毎回ZOOMで参加できるとありがたい ②非正規社会からの脱却でタイムテーブルがつくれるといいのですが ③安保と平和では世界から戦争をなくするタイムテーブルもほしい④原発廃止ではクリーン政策のタイムテーブルが欲しい。(佐々木利夫
  • 自公政権に代わる勢力の結集でまともな政治、まともな日本をつくるときです。(島袋善弘
  • オール与党化する中で共同テーブルは貴重だと思いますので微力ですが参加します。(清水建夫
  • 東アジアの平和構築へ戦略的視点に立って政策を立案し、政治を引っ張る政治勢力としての「共同テーブル」の活動に期待しています。微力ながらお手伝いをさせて頂きます。(下道直紀
  • 脱成長と公正な社会の実現を目指してリベラル・左翼・グリーンの政治勢力の結集と再生のために努力しましょう。(白川真澄
  • 社民党を「超える」何物かになる事を期待する。(新開純也
  • 学ばせていただきたいと思います。すべての命を守るために。(新谷のり子
  • 埼玉の市民運動有志が集まり「衆院選野党統一候補を推す埼玉県民交流会の集い」というのをやっています。何としても野党が統一して勝たねばなりません。「共同テーブル」の呼びかけ文に「社民党の呼びかけ」という言葉が2度も出てきているのに共産党はこの文のどこにも出てきませんし、立憲民主党も出てきません。真に野党共闘を目指すならこの2党も入れる必要がありますね。(菅井益郎
  • 市井の市民ですが「共同テーブル」の理念に共感しますので賛同人になります。ゴリゴリの保守でない限り、失政に失政を重ねる現政権に対して、嫌悪感を抱く保守層も多いと思います。そういう人々をも友にし、安倍・菅政権を引きずり下ろす市民運動になることを望みます。また、米国に隷従する中国敵視ではなく、平和的な東アジア地域となるように、朝鮮・韓国・中国の民衆と連帯して進められることを希望します。(杉本茂樹
  • 佐高信を信じてついてゆきます。三ジジ対談はおもしろいです。一度だけ早野透さんをお呼びして講演していただいたことがあります。早野さんや平野さんにも加わってほしいですね。(鈴井孝雄
  • 社会改革の火をたやすことなくより良い社会を築こう。(鈴木俊夫
  • お粗末きわめる自民党政権がいまだ続いているのが不思議です。{天皇制化の与えられた民主主義}から脱却するために広く社会改革・平和・民主勢力の結集は不可欠だと存じます。(鈴木裕子
  • 元護憲ネットワーク北海道共同代表です。趣旨に大いに賛同致します。まず民衆の政治的地力をつけましょう。(瀬尾英幸
  • 期待しています。(瀬戸宏
  • 政治の世界から離れているし東京にも行けないので迷っていました。でもこの時代何かしたいと思って返信しました。(曽我千代子
  • 土地規制法の成立を受けて菅政権は改憲の総仕上げに着手しようとしています。緊急事態条項で独裁を目指す菅自公政権を打ち倒すためにすべての力を結集させましょう!そのためのご指導を大いに期待しています。(高梨晃嘉
  • お願い文を拝見し「今こそ政治の大転換の時がきました」との現実認識におどろきました。一人の参議院議員を当選させることができるか否かという現状認識です。しかし思いは共有できますので、賛同の末端に加えてください。(高橋ひでのり
  • 本当の意味で命が大切にされる国を自分たちの手で作っていきましょう。(田代尚子
  • がんばりましょう。(田中公明
  • 私個人でも耐えるつもりですが、公的には社民党にふん張ってもらうしかないか。くり返さないために。肩書きのない者ですから。佐高さんの決して諦めない精神と底なしのエネルギーに深い敬意を表します。感動しています。(田中伸尚
  • 何とかしなければ、と思う今日この頃。(田中宏
  • どのような社会をめざすべきなのか、徹底的に議論を積み上げていく必要があるのではないでしょうか。(谷口源太郎
  • 今の自公政権では一度落ちたらはい上がれない社会であると思います。コロナ禍対策、オリパラの強行はじめ安全保障でも危機を煽り、中国や北朝鮮との対立を国民に宣伝、外交努力や核兵器廃絶には後ろ向きだ。このままだと日本はさらに悪くなり、国の存亡の危機に向かう恐れがある。政権交代をめざそう。(檀上正光
  • 新しい政治的動きにつながればいいですね。(知花昌一
  • 反戦・反核・反差別・反貧困・反自公維の統一戦線を!(趙博
  • 待ってました。よろしくお願いします。頑張りましょう。(常松裕志
  • 小異を残して大同につこう。嘘、隠蔽、公文書改竄まみれの自公政権は倒さねばならない。「前文」に則った憲法運用を!(寺尾光身
  • 貧困と格差のない社会をめざして共に考え、共同し、大きなうねりを今こそ起こしたいと思います。(寺田道男
  • 戦争のない社会、共に豊かに生きていける社会を生み出していく事を目指して、生き抜いていきましょう。(富山洋子
  • みなさんのご活躍に頭が下がります。私もボロボロですが共同のテーブルに着けるよう努力します。(豊田直巳
  • 期日までに遅れましたが、お願いします。辺野古を国民の手で何としても止めたい。S18年生まれ、空襲を知り、S21年戦後第1回の小学生として。(鳥越俊太郎
  • 安倍・菅内閣は史上最悪の政権です。政権交代をなしとげなければなりません。自由と民主主義、そして人権が大切にされる社会の実現へ。(永井栄俊
  • コロナ休業による商店主や従業員の休業補償と生活支援を!週30時間・年1400時間の労働時間短縮でワークシェアを実現し、雇用を確保!脱原発と再生可能エネルギー拡充、省エネ!(永井俊作
  • 今秋から明年にかけて、今後の日本と東アジアの動向の転換点となるでしょう。60年安保以降の最後の転換点でもあります。微力を尽くしたいと思っています。(仲尾宏
  • 「共同テーブル」の設立嬉しいです。もとより微力ですが力を尽くしたいと思います。(中川智子
  • 平和と民主主義、くらしと人権など、個人の尊厳が大切にされる社会に向け、そして非正規社会からの脱却について、全面的に賛同です。(長澤真史
  • 時宣を得た提案です。原発問題に特化して申し上げるならば第2のフクシマを引き起こすことは断じて許されません。「原発ゼロ基本法案」の一日も早い審議開始と制定を「共同テーブル」に取り上げて下さい。(中嶌哲演
  • 真の独立とジェンダー平等のために。(中原道子
  • 「共同テーブル」の提起に賛同し主体的に担っていく立場から労組メンバーや市民団体の人びととで、8月21日に大阪PLP会館で集会を開きます。(鍋島浩一
  • 私の危機感は、オバマの「アジアピボット」がいよいよ動き出し、アメリカ単独ではできないので、東アジアの同盟強化という状況で、「南シナ海有事・台湾有事」を想定され、日本が戦争にのめりこんでいる状況にあることです。(西沢清
  • 9.11同時多発テロから20年。米国の無謀な戦争はすでに破たんしています。テロという暴力を戦争という暴力で防ぐことはできませんでした。日本の憲法9条がコロナ後の世界で輝くと思います。(西谷文和
  • こういうのが出来るのを待っていました。微力ですが、ともにとりくみたいです。(西浜楢和
  • お任せ民主主義ではいけない。主権者とりわけ若者は投票日だけ主権者ではなく、デモ組織,メール呼びかけなどがんばりましょう。(西村秀樹
  • 国鉄闘争ではご支援いただきありがとうございました。2011年、勝利的和解で解決することができました。元闘争団は24年間闘った教訓を、それぞれの場で活かし活動しています。労働運動で最大の問題は「非正規制度」です。この制度は労働者に分断と差別をもたらすだけです。「非正規制度」を廃止するために頑張るつもりです。(二瓶久勝
  • 加害の歴史を消し去り、歴史修正主義の下で新たな冷戦構造を日米軍事同盟に依拠して創り出し、戦争ができる新国家主義の国家・社会作りを阻止する必要がある。目指すべき社会は、すべての人々の人間の尊厳と本質的平等が実現され憲法9条を基礎とする人間の安全保障を中心とする世界平和の実現です。(丹羽雅雄
  • 呼びかけくださりありがとうございます。自民党政権を打倒すために、基本政策が一致する諸団体がともに考え議論してゆくことは大切だと思います。(根津公子
  • 「共同テーブル」の形成に賛同し、発展に寄与させていただきたいと考えております。(原秀介
  • 政治という闇の中にある世界で、現憲法堅持に立ってよりよい在り方を探り、実現のために努力せんとする「共同テーブル」に賛同し、その目的は必ず実現するものと念じています。(坂内宗男
  • リベラル・革新の「共同テーブル」に賛同します。「非正規社会からの脱却宣言―いのちの安全保障確立に向けて」は簡潔にポイントをよくまとめられています。支持します。(久野成章
  • 平和と平等をあきらめない。それって、いいですね!(菱木政晴
  • 提案に全面的に賛成です。「いのちの安全保障確立」にむけた運動の前進が、政治の大転換実現の力となることを期待し、微力を尽くします。(日森文尋
  • 現政権は完全に統治能力を失っています。党派・政党を超えて、憲法の理念を実現する政治を目指す人々が幅広く結集して、日本の政治を抜本的に変革することが必要だと思います。全てのそのような動きに賛同します。(平川宗信
  • 敵失が重なっている今は政治を変えるチャンスだと思います。なかでも米国隷従からの転換が最も重要だと考えます。(平田賢一
  • 入管収容所や刑務所・拘置所など「壁の向こう側」を含め日本社会のすべての場所で「命の尊厳」を守る闘いをともに進めましょう。刑死者や非業の死を遂げた方々の名誉回復もぜひ必要です!(福島尚文
  • コロナ禍の中、人々の恐れも無視した五輪がすすめられました。しかし今回はもう始まったからとあきらめることなく、一人で、あるいはグループでの反対が続いています。こんな風景は初めてです。野党の皆さんも今こそ共同での真民主政治を取り返す時です。自治能力の発揮できる社会を創りましょう!(福士敬子
  • 来る総選挙における新しい取り組みとなります。お手伝いさせて頂きます。(福永正明
  • 米軍基地問題に関わる活動をしていると、この国がまともな国、独立国としての矜持も尊厳もない情けない姿が見えてきます。このような国にしてしまった国民の一人としての責任を感じつつ、賛同人に加えさせていただければ幸いです。(福本道夫
  • 「失われた30年」が作ってきた格差と貧困は、まさに非正規社会。新自由主義の経済であり、政治であり、社会が作り出したもの。自己責任社会でなく、「公」が復権された「分かち合い」の経済、社会、政治へと転換すべき時です。日本国憲法を守るのではなく、実現しましょう!(藤代政夫
  • 趣旨に全面的に賛同します。第1回シンポジウムにも参加したいと思います。テーマにぜひ沖縄問題も取り上げてください。(藤原寿和
  • 衆参ねじれ→政権交代→悪政追放 野党のケツを叩いてください。(二木啓孝
  • 「安心・安全」を装って排外主義、歴史修正主義を行いつづける現政権を一刻も早く倒すべきだと思います。新たな「声」が必要です。(古川美佳
  • 危険な時代の流れを止め、逆流を!共に!(星川洋史
  • 全面賛同ですが、発起人に①若い世代、②社会運動の現場で活躍している人、③若い研究者、を加えてください。もっと、広く(古すぎます)(前田純一
  • 未来のために政治を変えたい。頑張りましょう!動きを作っていただきありがとうございます!全国フェミニスト議員連盟の共同代表もしています。(増田薫
  • ご案内ありがとうございます。しかし目的と具体的な活動がわかりにくいです。今の政治の危機感は私も感じていますが、この活動は社民党を存続させるための会なのでしょうか。私は社民党は嫌いではないですが、でも社民党も解体する位の覚悟で臨まないと、新たなスタートは切れないような気がしてます。(増田京子
  • 当方93歳の老人です。戦後史をずっと見てきました。今ほど日本の位置が問われていることはありません。何の役にも立ちませんが賛同します。がんばりましょう。(町田忠昭
  • いのちの安全保障を理念の中心に掲げる新たなプラットホームの発足を歓迎いたします。「共同テーブル」を大きく育ててまいりましょう。(松代修平
  • ゆるくつながって、ひどい政治を何とかしたいですね。(松原明
  • これまで運動の中で「分裂や対立をくりかえしてきた」事を反省し「国政から地域にいたるまで思いを同じくする人々の共同の闘い」をつくり上げ取組んでいくことに賛同します。(馬奈木昭雄
  • 私たちには戦後76年の闘いの経験があります。それを生かす時です。このままでは丸ごと沈没を待つのみです。それを教訓として人知を結集し、旧勢力に対抗するだけの一つの民主的勢力を構築しましょう。今しかありません!必ず勝ちましょう。(水戸喜世子
  • 自公政権、何としても打倒!(嶺井正也
  • 大半の国民の思いを実現する魅力ある強力な候補者と政党を育てましょう!そして投票率を激増すること。(道下匡子
  • 現政権、自公政権批判の広範な世論形成の一翼を担うことを期待しています。(宮里邦雄
  • 近来にない「朗報」に接し大賛成です。国労を崩し、総評をつぶし社会党をつぶすことを「新自由主義」の完成と豪語した「中曽根戦略」を見事に打ち破る「戦列」に参加します。老人、粉骨を捧げ努力します。ご成功をお祈り申し上げます。(武藤久
  • 是非自公維に替る、憲法を守り実行する政権を!(森岡秀幸
  • 非正規社会からの脱却宣言、強く共感します。(森一敏
  • 3万人の自殺者を生み出す日本の政治、命を軽視し、核兵器禁止条約にも批准せず、原発事故の核被災者を棄民とする政治を連帯の力で終わらせましょう。(森瀧春子
  • 安倍・菅政権によって私たちは命の危険にさらされています、1日も早く、市民と野党の共闘によって政権交代を現実化していきましょう。(森本孝子
  • 大阪の特殊状況にも注目して下さい。大阪では、維新・公明に対抗する統一行動が必要です。(薬師院仁志
  • 安倍・菅極右政権を止め、野党共闘による政権奪取を! 微力乍ら大阪からも訴え続けます。(矢野宏
  • これほどいのちが粗末になってしまった社会を、どのようにたてなおせるのか?このままではいけない、かえていかないと体調不良のため、ご協力は何もできませんが、名前だけは賛同人に連ねさせて頂きます。(山内敏弘
  • 呼びかけに感謝します。(山内正紀
  • 現在国は大半の反対をおしきり、オリパラを強化している。同様にリニア新幹線や辺野についても、多くの人々の反対をおしきり計画や着工を進めている。原発と共に、以上の3点について絶対阻止!の精神でのぞめば、多くの国民の支持も得られるだろうと確信する。(山口研一郎
  • 期待しています。(山崎隆敏
  • 立憲でも共産でもない旧社会党的な護憲ブロックの形成で、今の自・公・維政権の反動で国民生活破壊の政治を転換させましょう。共にがんばります。(山下けいき
  • 共同の輪の展開・拡大に取り組みたいと思う。(山田篤
  • 二大保守政党制を推進する小選挙区制の下では、多様な民意を吸収することが出来ません。少数政党が政策一致を原則に、新しい政治勢力を形成する努力が求められています。新生社民党、新社会党、緑、れいわなどが連携し、新しい政治の結集軸となることを期待します。(山元一英
  • 野党がここまで魅力も力も無いと、このような動きに賛同するしかないかな…と思います。いろいろと団体に参加していると、寄付金や会費ばかりが嵩んで苦しいばかりですが(笑)。もう頑張るしかありませんよね。(湯川れい子
  • 趣旨には賛同しますが、8月28日のシンポに是非参加したいです。(横井泰夫
  • 世の中の人々には、旧左翼の分裂に次ぐ分裂に嫌気がさしています。共同テーブルの発想はとても良いと思います。みんなで協同して民主的にやっていけば、あまり大きな誤りはありません。(吉留昭弘
  • 世直しへ変革主体こそ問われ(乱鬼龍
  • 現政権を倒し市民の為の新政府誕生を目指して団結できる闘いをくんでほしい。東アジア共同体の社会をめざして下さい。その為にも歴史を学び、反省すべき点はきちんと反省し謝罪する政府を作る為に団結するのであれば「共同テーブル」には大賛成です。(和田千代子
  • コロナ無策の安倍-菅政権と決別し、憲法破壊の政治からの決別をめざしてがんばりましょう。(渡邊学
  • 立場や環境の違いによる競争やプライドから卒業し、差別や分断の無い平和な社会を構築していくことを心から望みます。生活者や労働者の生きる権利を強固なものにしていくために手を取り合い、闘うことに賛同します。(渡邊由紀子)
  • 秋の選挙で独裁政治を止めさせ国民連合の政府をつくり、優秀な官僚を育成し、続く令和4年の参院選挙に勝利してまともな保守・革新連合政治をうちたてましょう。(和田孝雄
  • 日本を根底からひっくり返す必要があります!(飯田哲也
  • 頑張りましょう!関西にも作りましょう!(池田直樹
  • 何か情報があればお知らせください。一緒にできることがあれば努力したいと思います。(中川美由紀
  • ご苦労様です。近畿版共同テーブル結成を成功させたいと頑張ります。(加来洋八郎
  • 「辺野古」新基地建設断念をはじめ沖縄、琉球列島への軍事基地押しつけにも問題提起を行い、解決を目指していくことを期待するとともに私自身もできることをやってまいります。(元山仁士郎
  • ‘政治の季節‘への埋没から‘思想の季節‘への移行をいかにして創り出すか? そのための努力をみなさんと共有したいです。(土松克典
  • 8.28シンポジウムで、前田さんがエリート・レイシズムという言葉を発しておいででした。心して活動してゆきます。(井野博満
  • 遅くなってすみません。賛同いたします。よろしくお願いします。(安里英子
  • このような会の発足を待ち望んでいました。すでに絶滅危惧種になっていると言われる日本人は極めて厳しく、険しい道を歩まねばならなくなると思います。想像力を働かせて創造的な政策を打ち出して下さることを強く願っております。(中西綾子
  • 命の安全保障。4野党の政策合意による連合政権の樹立がその一里塚と考えています。介護の問題一つでも、その利害調整は、家族、現場の介護労働者、事業者と複雑なものがあります。最終的には、介護をされる本人の幸、不幸に繋がるわけです。「本当は声を出したい人が一番声を出せない」そういうことを、私の地元で続いている「原爆の図を観る会文京」の最初の展示の準備をしていて思いました。1952年、原爆関連の資料が解禁されて、その年の『毎日グラフ』に載ったのは、原爆で顔を焼かれて、まさに声が出せない少年の姿でした。本当を出したい人の為のテーブルにしたいと思います。単なる候補者調整以上の意味を持たせたい、今回限り、一丁上がりではないテーブルをと思います。候補者調整については、4党のそれぞれが、禍根を残すようなことがないようにしてほしいと言う思いでいっぱいです!(鴇田昭裕
  • 現状を認識し、団結し、憲法九条を守り、戦争や武器輸出を目論む勢力と闘って行こう!(加藤和浩
  • 賛同致します!(太田勝康
  • 生活保護受給者の当事者主権のために、『ちば新「人間裁判」原告当事者通信』(No.63、2021年10月現在)発行。(水野哲也)
  • 新生社民党、新社会党、緑の党を主軸とするリベラル・革新の団体個人の広範な結集で共同戦線を構築し、日本の政治を変革する闘いを進めていくことに賛同いたします。(吉波伸治)
  • 今からでも関西での「共同テーブル」など野党統一候補に向けての草の根のとり組みで、お役に立てればと思っています(池辺幸恵)
  • 「共同テーブル」は正に日本の良心の証です。手に手を取り合って前進していきましょう。日本における進歩勢力・平和勢力の確かな発展のために、政治の転換を実現する事を望みます。(鈴木啓介)
  • 野党共闘への妨害や悪意を持ったフェイクが強まっている気がする。自民・公明・維新・国民等の与党や忖度政党は当然やっているだろうが、マスコミや連合さえも妨害してくる始末。この包囲網は重層的なものだ。例え「政権交代がなった」としても、油断していたら「民主党政権時代」と同じである。あっという間にひっくり返され、民意の届かぬ独善的政権の誕生を許してしまう。野党共闘を進める市民は余程の緊張感とビジョンを持ってことにあたろう。(塙 輝隆)
  • もっと草の根活動をれいわや共産の如くやってはどうか。可能なら、共同して行動もあってもいいのではないか。日米地位協定の抜本的見直しを野党共同で政府へ申し入れて動かしてもらいたい。(加藤弘吉)
  • 野党の中でも、与党にすり寄ってゆく勢力が増大する中で、ぜひ護憲と平和、そして格差と貧困が広がる中、生活に密着したそれらの課題に有権者の目に見える形で訴えてゆき、協力・共同してぜひ参院選に勝利を!(紅林進)
  • 先の戦争の反省のもとに得た「憲法」に基づいた政治がなされることが国民を幸福に至らしめることを思うときに、「護憲」に徹する野党でなければならない。その点から自衛隊も日米安全保障条約も違憲です。①戦後100周年を目標に現実を憲法に合わせる努力をすること、②原発も原爆も9条違反を政策としてほしい、③すべて財源が問題。緊縮財政でなく反緊縮(グリーン二ューディール)。非産業職、医療、介護、教育、保育に資本の投資を。(松尾光章)
  • 市民草の根運動は、続けていかないといけない。安保法の時みたいに一時だけ燃えて鎮火させてはいけない。けど、安保法のときのは実績だと思う。次の時代につなげていかなければならない。(栗城理一
  • 4.13大討論集会に参加して本当によかったです。ウクライナ戦争で国を守るために戦う国になりかけた日本を、戦わないため全力をつくす国に戻したいと改めて思いました。(對馬節子
  • がんばってください(上穂木理俊) 
  • 共同テーブルの活動等学び拡大の一員となりたい。特に若者への発信は共同テーブルに期待してもよいのではないか。(大迫拓郎)
  • 地域で頑張っている人達の、草の根の「共同テーブル」として、広く、しぶとく運動できるようにしていただけたらと思います。共産党も「共同テーブル」に入れてもらいたい気持ちです。(北畠清仁) 
  • これからの参院選、改憲阻止に向けての共闘の進め方も(共同候補擁立)、いい案だと思います。野党共闘でいつも問題になるのは、国民民主、連合ですね。陰の主役? ウクライナへのロシア侵攻で、日本国内でも世論がにわかに右傾化していることに危うさを感じます。与党政権が千載一遇のチャンスとばかりに軍拡路線をひた走りはじめたことの危険性を、いかに有権者に訴えていくかが、しんどいけど重要ですね。(新中建一
  • もっと地域・社会・職場の問題を、「生命と権利」を守る立場から本気になってたたかう社民党にならなければならないと思っています。(馬場徳男
  • 最終的には、全立憲野党を束ねた組織にして欲しい。(吉田愛知

あなたも賛同人に! こちらからお申し込みください。